あいさつMESSAGE

平素より弊社事業へのご理解並びにご支援を賜りまして有難うございます。

弊社は、2015年の創業時よりアカデミア発の創薬プラットフォーム技術に着目し、「癌や感染症」などの疾患の治療または予防を実現するための新薬(経口剤)開発に取り組んでいます。私たちが着目している創薬プラットフォーム技術は「乳酸菌、ビフィズス菌や酵母など、私たちが長い間食経験を有している有用な生物種の細胞表面に目的の物質を発現させる技術」を指しますが、これらの技術を利用することにより、創薬開発のブレイクスルーに繋げることができるものと考えています。

現在、各種プラットフォーム技術により創製された医薬品候補物質の開発段階は、非臨床薬理試験、治験薬GMP製造、臨床試験などの各種検証ステージにあります。

創薬開発における基盤技術を確立させていくためには、基礎研究の継続並びに弛まぬ研究への情熱が必要ですが、その一方でアカデミアの基礎研究から創製された革新的な技術や研究など「有用シーズ」を実用化してくための実行組織としては、ベンチャー企業の存在も不可欠だと考えています。

私たちは、産学連携という双方向での対話をもとに構築するパートナーシップを基盤とし、アカデミア等の方々と伴に成長を続けられる企業体へと弊社を発展させていくとともとに、従来技術では成し得なかった新薬開発を進めることにより、お薬を必要とされている皆様のお手元に一日でも早く革新的な新薬をお届けできるよう日々の開発研究に全力を注いで参ります。

よろしくお願い致します。

代表取締役社長 瀨脇智満

社名に込めた思い

GLOVACC(グローバック)とは、日本発のアカデミアシーズをもとに、画期的な経口剤(治療薬・予防薬)の創製を目指すことを意味する造語として、GLOBAL(世界)・VACCINE(ワクチン)・CAPSULE(カプセル)を組み合わせて作られています。